広帯域ディジタル通信方式の性能改善法に関する研究


ディジタル通信方式は、アナログ通信方式に比べて様々な特徴を有しています。 その特徴の本質は、

送り手が限られた情報アルファベットを用いるという前提のもと、
「私が受け取った情報は、送られてきた情報と全く同じ」
ということが、受け手に対して保証されること
にあります。 そのため、受信された情報の正しさを保証するための、 ありとあらゆる方法が研究の対象となるのです。

特に、広い周波数帯域を用いた情報の伝送は、 通信形態のちょっとした変化に対しても様々な特性の変化を見せます。

例えば、高速に移動しながら行う通信。

例えば、限られた範囲に確実に情報を行き渡らせる為の通信。

例えば、ごく狭い範囲に密集した多数のユーザが行う通信。

これら変化の激しい通信システムの根幹として、 その理論的側面や技術的側面など、さまざまな面から追究されるべき重要なテーマが、 広帯域ディジタル通信方式なのです。

皆さんが日常享受している通信技術を、どのような物事が支えているのかを学び、 さらに自分たちの手で発展させてみませんか?