2015年度(平成27年度)研究業績

筆頭者が学生のもの(卒業生の在籍中の研究を含む)のみ掲載しています.

学会論文誌

  1. 井上 里佳,稲井 寛,
    負荷に応じた動的周波数制御における閾値設定方式,
    電気学会論文誌C,電子・情報・システム部門誌,Vol. 136,No. 1,pp. 99-100,2016.01.

研究会等

  1. 筒井 啓太,稲井 寛,
    省電力協調MACプロトコルのマルチホップ化に関する検討,
    第17回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集,pp. 402-405,B-43,2015.11.21-22.
    岡山大学津島キャンパス
  2. 菅 由起子,稲井 寛,
    CSMA/CAにおける待ち時間を軽減する方式,
    第17回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集,pp. 422-423,B-48,2015.11.21-22.
    於 同上
  3. 筒井 啓太,稲井 寛,
    省電力協調MACプロトコルのマルチホップ化,
    電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 115,No. 369,pp. 81-86,無線通信システムRCS2015-257,2015.12.17-18.
    松山市総合コミュニティセンター

全国大会,支部大会

  1. 筒井 啓太,稲井 寛,
    無線LANにおける省電力協調マルチホップMACプロトコル,
    平成27年度(第66回)電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集,20-11,2015.10.17.
    山口大学常盤キャンパス