2014年度(平成26年度)研究業績

筆頭者が学生のもの(卒業生の在籍中の研究を含む)のみ掲載しています.

学会論文誌

  1. 岡田 俊也,若林 秀昭,稲井 寛,
    周期的誘電率分布を持つ回折格子の解析における収束改善,
    電子情報通信学会論文誌C,エレクトロニクス,Vol. J97-C,NO. 5,pp. 235-238,2014.05.

英訳論文

  1. Fumiyasu Sugigaki and Hiroshi Inai,
    A packet scheduling scheme using multicast RTS in wireless mesh networks,
    Electronics and Communications in Japan, Vol. 97, No. 7, pp. 73-80, John Wiley & Sons, 2014.07.

国際会議録

  1. Toshiya Okada, Hideaki Wakabayashi and Hiroshi Inai,
    Numerical methods for modulated dielectric gratings with periodic permittivity,
    Proceedings of The 33rd JSST Annual Conference: International Conference on Simulation Technology, pp. 66-67, Japan Society for Simulation Technology, 2014.10.30.
    at Kitakyushu International Conference Center

研究会等

  1. 諏訪下 敦規,稲井 寛,
    無線LANにおいて送信時間の公平性を達成するフレーム衝突低減方式 −不飽和トラフィック下での有効性の検討−,
    第16回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集,B-30,2014.11.15-16.
    広島市立大学
  2. 諏訪下 敦規,稲井 寛,
    無線LANにおいて送信時間の公平性を達成するフレーム衝突低減方式 −不飽和トラフィック下での有効性の検討−,
    電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 114,No. 401,pp. 53-57,情報ネットワークIN2014-107,2015.01.
    名古屋国際センター

全国大会,支部大会